風俗店で働く前に女性が持つ疑問について

一度も風俗の世界で働いたことがない女性は、働いてみたいと興味を持ってもいろんな疑問があるものです。
埼玉では風俗で遊びなれている男性も多いわけですが、そういった男性からすれば想像もしない疑問を抱えている女性もいるのが実態なのです。
例えばサービスの終了をどうするのかという点です。
普通の男女交際しかした経験がない女性は、彼氏がコンドーム付きで発射するかもしくは生出しが性交渉の終わるタイミングだと思っているのです。
しかしデリヘルでは本番行為は禁止です。
ならば自分たちは仕事で何をするのか?「えっ、最後はフェラチオで自分の口の中に男性が発射するんですか?」という感じに真面目に驚いて風俗店の面接で店長に尋ねる女性も珍しくありません。
男性はアダルトDVDなどで顔射やフェラチオからの口内発射には馴染みがありますが、アダルトDVDなどを見ないごく普通の女性は、こういったフィニッシュの仕方を知って驚くというわけです。
つまり、入店直後の新人コンパニオンはこのような素人女性同然だとも言えるわけで、意外に新鮮な感じもします。
従って新人でテクニックには期待出来ないものの、新鮮さを感じたくて指名を入れてくる男性も多いのです。

失敗しないデリヘルの遊び方

デリヘルで遊ぶ場合、遊びなれている男性の体験談などをもとに失敗しない遊び方を知っておきたいものです。
川越に呼べるデリヘル嬢は県内に数多くいますが、自分が遊びたい嬢を絞り込んで指名の電話をすることが失敗しないデリヘル遊びの方法の一つだとも言われています。
今でこそ風俗通となってデリヘル嬢との遊びを謳歌している男性も、利用し始めの頃はいろんな失敗をしているのです。
多い例としては遊びたいコンパニオン目あてで電話をしたが空いておらず、すぐに遊べる別の女性を選んでしまったという例です。
「A子ちゃんは今空いてなくて2時間後なら空きがあるんですよ。
今すぐにならB子ちゃんがいますが・・・」と電話越しにスタッフに言われ、「じゃあ今日はB子さんでお願いします」と即決して失敗するわけですが、こうなる理由が抑えきれない性欲だったりもするわけです。
要するにお目あての女性を2時間待つことが出来なくて失敗するのです。
しかしこのように焦って好みでないコンパニオンと時間を過ごしても後で後悔します。
従って性欲がパンパンになってデリヘル嬢を呼ぶのではなく、ある程度余裕のある精神状態で呼ぶのがベストであると言えます。
一番いいのは早めにお目あての女性を指名で確保しておくことです。